挙式は早い遅いの競争ではない

幸せに過ごした方が勝ち

恋愛関係の行く先に求めるのは婚儀のパターンが多いですが、現実に結婚話が親友に聞かされると気持ちが滅入ってしまいますよね。

 

挙式ついて考えると、自分自身の恋路が良好で彼と結婚について話をしているとそれほど不安にせず心からお祝いしてあげれるのかもしれません。

 

しかしながらパートナーがいなかったりだと辛いでしょう。素敵な華燭の典となる為に仲の良い友達との記憶を回想してみましょう。

 

生涯一度のお祝い事なのです。だから自分自身が晴れない態度でたら仲良しの友人は大喜びの新生活のスタートを切ることが難しくなるに違いありません。

 

心持ちと感じをシフトチェンジして親友としての素敵な笑みを友に送ってあげませんか?仲の良い友達の式は自分にも祝意を示すべき日なのです。

 

友達が嫁ぐトいう事が貴方自身から巣立っちゃう感覚になりしんみりするかもしれません。

 

しかし、平気です。友達は自分自身の気持ちを他の友達より重々理解してくれていますから色々思い込まずにこれ以上ないスマイルで真心を込めて祝意を表してあげましょう。